便秘が引き起こす腸の異常

便秘は多大なストレスとなるばかりか、体調な悪化や病気など、心身の健康を阻害する大きな要因の1つです。 近年注目されるようになった便秘による障害の1つに直腸瘤があります。いわゆる直腸ポケット、と呼ばれるものです。

これは、便秘を患っている方が無理に便を輩出しようと力み、腸内の便またはガスが圧縮されることにより、逃げ場を失った便が直腸壁を押し伸ばし、ポケットのような凹みを作りその中に便を押し込んでしまうことです。

その中に溜められた便は、自然の輩出では中々出てこないことも多く、宿便となります。宿便は大腸菌を始め人体に害を及ぼす菌の巣窟であり、体内に留めておくと体調不良の大きな原因となります。また、長く便が留まれば留まるほど腸に便の水分を吸収され硬くなり、さらなる便秘を呼んでしまいます。

直腸ポケットに宿便がある場合、無い方と比べ大腸ガンなどの発生リスクが非常に高まるためら無理な便の輩出はせず、自然のリズムで出せるようにしましょう。

効かなくなるということがない!オリゴ糖は便秘解消に最適です

便秘で悩んでいる方は、便秘薬を使ったことがあると思います。 市販の便秘薬は1日使用量の幅が広いのが特徴で例えば「就寝前に1~6錠」という薬もあります。

最初は1錠で効いていたのに、だんだん2錠、3錠と増えて不安になる方も多いのではないでしょうか? できれば便秘薬は使いたくないと思うものだと思います。

また最近様々な種類が出ている乳酸菌サプリメントですが、こちらも同様に最初は効いていたのに、だんだん 効かなくなったという話をよく耳にします。 サプリメントは続けていくことが大事でも、期待していた効果が明らかに低下していったら、続けるのは難しいものです。

そんな方におすすめしたいのがオリゴ糖です。 オリゴ糖は、薬の成分で便秘を解消するのではなく、腸に良い菌を取り入れるのでもなく、自分のお腹のなかの善玉菌を 増やす役割をします。もともとある善玉菌を増やすことで悪玉菌が減り、腸内環境が整ってくるのです。

そのため、すぐに際立った効果は期待できないかもしれませんが、だんだん効かなくなるということはなく、逆に徐々に 効果が現れて続けることでより実感できます。 オリゴ糖は粉末、液体状で販売されているので、便秘でお悩みの方におすすめです。

便秘で悩んでいるよりオリゴで快調になれる

便秘は食生活での食物繊維など不足がちでよくおこってしまいました。 でも野菜は一人暮らしだとつい食べる機会がなく外食やお弁当を買っていました。

野菜不足がその原因でいつも便秘ぎみでした。 酷い時は、お腹が張って痛くなるほどであなどれませんでした。 これでは会社に行く前にいつもお腹が痛くなるので便秘を治そうと思いました。

それで、ネットサーフィンで便秘に良いもはないかと探していましたら、オリゴで毎朝スルスル快調と言うのが目につきました。

早速これを購入して毎日飲んでみました。 3日たった頃から毎日朝の便秘も無くなり、快調なお通じが始まりました。 お腹もスッキリして会社に行くのも快適になりました。

はぐくみオリゴは愛用者も多く妊婦さんでも飲めるので安心して飲めました。 便秘はひどくなるとストレスが溜まってしまい心身ともにイライラしてたのが全くなくなりました。

はぐくみオリゴは、100%のオリゴで濃密な5種類のブレンドされた粉末状のものなので色んな飲み方ができます。 お水で割ってもいいし、牛乳で割って飲んでも美味しく飲めます。
毎日続かられるのが一番の理由です。

美味しく飲めて、便秘に悩まされていたのが解消されて、はぐくみオリゴと出会えて体調も良くなりお肌もすべすべになりうれしいことばかりです。 便秘で悩んでいるよりオリゴで快調になれます。 是非お勧めです。

思わぬ商品で便秘解消出来ました

私は昔からずっと便秘に悩んでいました。 ヨーグルトを食べたり、便秘に良いお茶を飲んだりと自分なりに色々と努力してきましたが、なかなか便秘が改善されることはありませんでした。

そんな時、ダイエット目的でベルタ酵素という酵素ドリンクを飲み始めたのですが、それがとても便秘に効果的でした。

酵素ドリンクは美味しくないというイメージでしたが、ベルタ酵素はピーチ味で飲みやすく、炭酸水などで割って飲んでも美味しかったです。

本当に酵素ドリンクが便秘に効いていたのかな?という疑問もありましたが、酵素ドリンクを1本飲み終わり、しばらく止めているとまた便秘になってしまったのでやはり酵素ドリンクのおかげなのだと思います。

便秘が解消されたからなのか、ニキビも減り、お肌がとても綺麗になって本当に嬉しかったです。

「便秘に効果がある」と言われているもの以外でも、便秘が解消されることってあるのだなと驚きました。 個人差はあると思いますが、地道に色々な商品を試していくといつか自分に合ったものが見つかると思います。

焼き芋で便秘脱出

私は、高校生くらいからずっと便秘で悩んでいました。
酷い時は、10日くらいでない時もあり、お腹が張りすぎて、吐き気がすることも度々ありました。 私が試した便秘脱出方法とその効果についてまとめたいと思います。

1. ヨーグルト
便秘でヨーグルトを試される方は多いかと思います。
手軽ですし、コストもかかりません。
様々な種類を試しましたが、私にはほとんど効果はありませんでした。

2. 便秘薬
市販の錠剤タイプには、とてもお世話になりました。
最初は一粒で、お腹が痛くなり、すっきりでていたものの、1年後には4粒くらい飲まないと、でなくなっていました。
市販薬の過剰摂取がこわくなり、病院で便秘薬を処方してもらうことも試みましたが、なくなる度に病院に行くのが面倒くさくなり断念しました。
コストはけっこうかかります。

3. 焼き芋
これが、私には一番合っていました。
焼き芋を半分くらい、夕食時にご飯がわりに食べます。
すると、1~2日以内にでます。
今は夏でも焼き芋が購入できますので、一本100円くらいですし、お勧めです。

便秘によいお茶とは

水分は毎日摂るものなので、便秘解消に役立つお茶の利用は手軽です。さまざまなお茶がありますが、どんなお茶が便秘解消によいのでしょうか。

マグネシウムには便に水分を引き込んで柔らかくする働きがあります。便秘薬としても使用されています。マグネシウムを豊富に含むお茶は、プーアール茶、マテ茶、杜仲茶などです。
水溶性食物繊維は善玉菌のエサになる成分です。有害物質を吸着して排泄する働きもあります。善玉菌サプリおすすめランキング

水溶性食物繊維が多く含まれるお茶は、ごぼう茶、黒豆茶、マテ茶、ギムネマ茶などです。炒った黒豆をカップに入れてお湯を注ぎ、しばらく蒸らしてお茶を出し、残った黒豆を食べることができます。食べることでさらに多くの食物繊維を摂れます。

ビタミンCは腸で吸収されてしまいますが、大量に摂ると吸収しきれず便を柔らかくします。ビタミンCが多いお茶は、ローズヒップティー、ハイビスカスティー、緑茶などです。 お茶を飲むことで水分補給になり、水分で便が柔らなくなる働きもあります。

引越しの際のリサイクルショップの利用法

引越しの際に、やはり物を処分しなければならなくなるかと思います。その際の有効な処分方法について書いていきたいと思います。やはりお金をかけないためには、お金をもらって引き取ってもらうのが一番です。

そのために、リサイクルショップに電話し、売れそうなものをリスト化して、リサイクルショップの店員さんにどのくらいの額で引き取ってもらえるか、事前に話をしておくことが重要です。そして実際に来てもらって、見てもらってお金ももらって引き取ってもらいます。

僕が引き取ってもらったものは、冷蔵庫・コンポ・ラケット・スチールラック・植木などです。ここで重要なのは、経費が掛かるものは、別の業者に依頼し、有料で引き取ってもらう業者とお金を支払って引き取ってもらう業者を分けることです。また業者を選定する際に、有料以外で引き取りませんと記載された業者があればそこを選ぶとお金がもらえて処分品をなくすことができます。

お金を支払わなければ処分できないもの(ベットやソファなど)は、自治体の粗大ごみが一番安いので、リサイクルショップにお金がかかりますといわれたものは、自治体の粗大ごみを使用するようにしましょう。

キレイが縁を呼んだ引越し

断捨離という言葉が世に広まる前にも、お掃除ブームは何度かあった。それまでは今あるものをアイデア収納家具でキレイにまとめましょう…という風潮だったが、その前にまずは不用品を捨てましょう!という流れに変わったその時、私に第一次掃除ブームが訪れた。

独身時代から持ち込んだ品々を片っ端から捨て始めたのは、この頃からである。その時住んでいた家は、住宅環境にいささか問題があり、私たちは近々引っ越しを予定していた。汚い部屋に幸運はやってこない。その言葉を信じ、部屋をキレイにすれば問題は収まると思っていた。しかし、環境はどんどんと劣悪になり、結局は引っ越しをすることになってしまった。

次の家を探すのに二軒ほど不動産屋を巡った。一軒目は、玄関に足を踏み入れた瞬間「おっ」と思わず声が漏れるほどキレイな内装で、床には空気清浄機が置かれてあり、対応してくれた方も清潔感たっぷりの装いだった。案内された物件もしっかりしており、紹介してくれた最初の物件で思わず即決してしまいそうになったほどだった。

しかし、一応は他の不動産屋も巡ってみようと次に入ったところは、玄関に足を踏み入れた瞬間、タバコの匂いが鼻をついた。対応してくれた人も、ネクタイを緩めただらしない服装だったため、嫌な予感がしたのは言うまでもない。紹介してくれた物件も残念な物件ばかりで、とりあえず名刺は貰ったものの、すぐ最初の不動産屋にとんぼ返りし最初に紹介された物件の契約を結んだ。

キレイな不動産屋に良い物件はある。そして、汚い不動産屋に良い物件はない。あながちこの言葉は信用出来ると思う。わたしは、キレイに掃除したあの部屋が、この部屋との縁を結んでくれたように思えて仕方がない。

引越し費用を抑える方法

引越しには少なからずお金がかかります。引越しの費用はできるだけ低く抑えたいものですが、基本的に費用は必要な人員とトラックの大きさで決まるので、一番有効な方法は、やはり荷物を減らすことだと思います。

私は最近、夫の仕事の都合で引越しをしました。引越しが決まると、まずは業者に来てもらって見積りを取ります。私が見積りで気を付けたのは、見積り前にできるだけ部屋や荷物を整理しておくということです。

散らかった部屋だと荷物の梱包にも手間取りそうな印象を与えるので、その分人員を確保する必要があると思われてしまうと、高く付きます。それから、基本的なことですが、引越しを機に思い切って服や家具の処分を考えることも、費用を抑える重要なポイントです。

引越しは面倒ですが、私は手持ちの荷物を全部見直して整理するいい機会だと自分に言い聞かせて梱包作業をしました。特に家具は、かさばるので引越しの費用に大きく影響します。

家具は、扉の開く向きやコンセントの位置などの些細なことで配置できるかどうかや使いやすさが変わるので、引越し先でその家具が使えるかどうか分からないようなときには、いっそのこと処分して新しく買い直した方がお得になることもあると思います。

荷物を減らすために処分したい物は、リサイクルショップに持って行きました。これは売れないだろうと思っていた物が意外と高めの値段で売れたりしたので、とにかく不用品は一度リサイクルショップに持って行くのがお勧めです。

引越しの時の桐ダンス

我が家には買って間もない桐ダンスがありました。依頼した引越し屋さんの見積りリストには「桐ダンス」の欄があったのでチャンと扱ってくれるだろうと期待していました。引越し当日も「桐ダンスは丁寧に扱って!」とあらためてお願いしたんです。

運び出す時は見ていなかったので分からないのですが、搬入して設置する際、梱包材(毛布のようなもの)を取ると、むき出しの桐ダンスが現れ、素手で持ち上げたのを見て、「ちょっと待って、ちゃんと手袋してよ。」と言うと、「何故?」って感じでキョトンとした目をしてこちらを見たんです。

仕方なく、私が手袋を用意して渡したのですが、時既に遅しで手の跡がしっかりと残ってしまいました。被せてあった油単も剥ぎ取って丸められ、シワシワのホコリまみれになり、ガッカリさせられました。 最近は桐ダンスを持っている家庭は少ないのでしょうか。引越しの運送屋さんも桐ダンスを扱う機会が少ないかもしれないけど、桐ダンスの扱いはしっかりしてほしいものです。